ひらい歯科クリニック

船橋市薬円台 の 歯科,小児歯科,矯正歯科,歯科口腔外科 ひらい歯科クリニック

047-440-8241(ハニヨイ)
千葉県船橋市薬円台5-6-10
※モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセス!
ホーム»  ブログ記事一覧»  院長»  ブラッシングについて

ブラッシングについて

ブラッシングについて

歯磨きをしているのに虫歯になってしまう人がいます。
その原因は、歯についた歯垢をしっかりと取り除けていないからかもしれません。
それぞれの歯の場所・形に合わせて、正しくブラッシングをし、虫歯を予防し健康で美しい歯を保ちましょう。
   

歯磨きの基本
 ①毛先を歯の面に当てる
   歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に当てます。
  

 ②軽い力で動かす
   歯ブラシの毛先が広がらない程度が目安です。

 ③小刻みに動かす
   5~10mm幅になるように動かします。

歯ブラシの選び方
 ①歯ブラシの毛の確認
   通常「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類があります。
   「かため」はお年寄りや子供など、力の弱い人に向いています。
   一般の人は力が入りすぎる傾向にあり、強く磨きすぎると歯肉の炎症につながる場合があります。
   「やわらかめ」は歯肉のマッサージに向いていますが、毛先が寝やすいので歯垢の除去は効率が悪い場合があります。

 ②ヘッドの大きさ
   幅広のものは歯の表面を磨くのに効率的です。
   また、小さなものは奥歯や細かいところまでよく届きます。

歯ブラシの寿命は?
 ハブラシは1~2か月に1回を目安にとりかえましょう。
 強く磨きすぎる人や、1日にたくさん磨いている人は、歯ブラシが傷むのがもう少し早いかもしれません。
 毛先が開いてしまった歯ブラシは早めにとりかえてください。
 毛先が広がり、歯ブラシの後ろから見て毛先が横からはみ出て見えるようであれば、かえ時です。
  

2018-10-01 00:00:00

院長